12月 13

高梁歴史探訪

新見駅前店発 コメントは受け付けていません。

今日は高梁市に行って来ました(^з^)ノ

歴史の息吹を感じられる街【高梁市】。
旧くは、備中の国の要所として発展してきた街。
江戸時代から近代に至るまでの街の変化を見て取れる面白さもあります。
街を見下ろす臥牛山(ガギュウザン)には日本名城百選に選ばれている備中松山城があります。

←【備中松山城】
日本名城百選および、日本三大山城。
天守の中にも入れ、そこからは高梁市内を一望できる。当時の城主の気分を味わえる。
天守に入る時には、城主(管理人)にお金を渡してください。ここにたどり着くまでに、プチ登山をするのでスニーカー等を履くのがいいかも。

 

そして街中は、美観地区に指定されている紺屋川沿いが多くの観光客を賑わしています。

←【紺屋川美観地区】
4月の写真で桜が満開になっています。
近くにはキリスト教会・藩校跡・武家屋敷等、歴史の息吹を肌で感じられる建物が点在しています。

 

駐車場は観光駐車場をご利用下さい。

お昼を食べるなら、観光駐車場に併設されている【手打ちそば 方谷庵】へ。
オススメは10割そば(780円)と、まいたけ天ぷら(300円)。
食後にはそば粉ロールケーキやコーヒーもいただけます。
食べるのに夢中で写真を撮り忘れた・・

美観地区から少し歩くと、来久寺を代表に多くの寺院も点在しています。

←【来久寺】
小堀遠州が手がけた枯山水の庭園が有名。

サツキが咲く5月には、枯山水と合わせて多くの人の目を楽しませています。

 

その他の寺院でいうと、『男はつらいよ』のロケ地になった薬師院、寿覚寺、
『バッテリー』のロケで使用された武家屋敷なども多くの観光客が訪れる
人気スポット。

夜は、城見展望台から見る高梁市内の夜景もとてもキレイ。

『高梁テクテク散歩マップ』を片手に、高梁市内の探訪をしてみてはいかがでしょうか?
(マップは市役所観光課・観光駐車場の管理事務所ほかで貰えます)

※高梁市内にお越しの際には観光駐車場をご利用下さい。
※備中松山城へが、途中から15分程度歩くのでサンダル等はお控え下さい。
※高梁の観光情報は、高梁市役所観光課へお問い合わせ下さい。
TEL:(0866)21-0217

Tagged with:
preload preload preload